【ボルボXC40サイズ比較】コンパクトSUV評価、燃費、全長車幅全高まとめ

ボルボXC40は日本のSUV市場に彗星のごとく現れ、そして「2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したという、今最も勢いのある輸入車コンパクトSUVです。

ちなみにボルボは日本でも古くから安全性能が評価された欧州メーカーとして根強い人気を誇ってきましたが、ここにきて知名度は急上昇。

日本カー・オブ・ザ・イヤーを並み居る国産車を抑え、2017-2018を受賞したXC60に続いての2年連続の受賞ということで、ボルボXC40の人気はモノスゴイことになっています。

そこでここではボルボのコンパクトシティSUV、ボルボXC40のサイズ、評価、燃費、最低地上高、最小回転半径などとともにボルボXC40の魅力についてまとめています。

この記事はこんな方におすすめ!

  • コンパクトSUV ボルボXC40のサイズ比較まとめを知りたい方
  • コンパクトSUV ボルボXC40の地上高と回転半径を知りたい方
  • コンパクトSUV ボルボXC40の魅力と評価・口コミを知りたい方

コンパクトSUV ボルボXC40とは?

コンパクトSUV ボルボXC40フロント右側前45度からの写真【引用元】https://www.netcarshow.com/volvo/2018-xc40/

ボルボXC40は、ボルボで新開発された小型車向けの新型プラットフォームが初採用されたコンパクトSUVです。

ボルボXC40の日本発売カタログモデルは

  • XC40 T4 389.0万円
  • XC40 T4 Momentum 439.0万円
  • XC40 T4 AWD Momentum 459.0万円
  • XC40 T4 AWD R-design 489.0万円
  • XC40 T4 AWD Inscription 499.0万円
  • XC40 T5 AWD R-drsign 539.0万円
  • XC40 T5 AWD Inscription 549.0万円
の7タイプでいずれもガソリン(ハイオク無鉛プレミアム)車。

欧州ではディーゼルエンジンもラインナップされていますが、日本では未だディーゼルエンジンは発売されていません。

なお特別限定車として台数限定で発売された『ボルボXC40 T5 AWD R-Design 1st Edition(559万円)』は即完売とのことで、ボルボXC40の人気の高さを知ることができますね。

新車納期も現状は「6ヶ月が当たり前」となっているようです、スゴ。

コンパクトSUV ボルボXC40のサイズ比較主要諸元情報ピックアップ

全 長 4425mm
全 幅 1875mm
全 高 1660mm
車両重量 1610kg~1690kg
乗車定員 5人
総排気量 1968
JC08モード燃費 12.4km/L ~ 13.6km/L
駆 動 FF、電子制御AWD
燃料 ハイオク
価 格 帯 3,890,000円~5,490,000円
ナンバー 3ナンバー
タイヤ 235/60R17,235/55R18,235/50R19,
エコカー減税 一部対象

ボルボXC40のサイズ比較でいうと

  1. 全長サイズ4425mmは、比較すると日産エクストレイルやレスサスNXより215mm短く、CX-5より120mm短い
  2. 車幅サイズ1875mmは、比較するとCX-5より35mm大きく、レクサスNXより30mm大きい
  3. 全高サイズ1610mmは、トヨタCH-Rより70mm高く、スズキエスクード(ビターラ)ど同サイズ

といった点が挙げられます。

特徴的なのは車幅サイズで、1.85mまでの駐車パレットではNGになるサイズで、マンションの通常サイズの立体駐車場もダメなところが多いという点では要注意ポイントです。

また使用燃料はハイオク(無鉛プレミアム)でJC08モード燃費12.4km/L ~ 13.6km/Lですから、燃費性能的には昨今のコンパクトSUVで比較すると物足りなさを感じます。

【コンパクトSUV】全長比較ランキング 【コンパクトSUV】車幅の小さい順で比較ランキング 【コンパクトSUV】全高比較ランキング 【コンパクトSUV】燃費性能JC08モード比較順ランキング

ボルボXC40の安全性能

ボルボを選ぶオールドユーザーのほとんどは、その安全性能を購入の理由の一番にあげています。

そしてボルボXC40もその精神を引き継ぎ、16種類以上のボルボ・セーフティ機能をXC40に標準装備しています。

ボルボIntelliSafe(インテリセーフ)は、運転を支援するとともに事故回避をサポートし、万一の衝突の際には乗員を保護する、革新的なセーフティ・テクノロジーのことです。

ボルボXC40の安全性能
  1. 歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能 (夜間含む)
  2. インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)
  3. 被追突時警告機能(静止時オートブレーキ機能付)
  4. オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)
  5. 全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  6. パイロット・アシスト(車線維持支援機能)
  7. LKA(レーン・キーピング・エイド)
  8. LEDヘッドライト (アクティブ・ベンディング機能付)
  9. オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)
  10. BLIS™(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
  11. LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)
  12. RSI(ロード・サイン・インフォメーション)
  13. DAC(ドライバー・アラート・コントロール)
  14. 360°ビューカメラ
  15. パーク・アシスト・パイロット (縦列・並列駐車支援機能)
  16. 衝突時ブレーキ保持機能
  17. 電動プリクラッシュ・テンショナー付フロントシートベルト
  18. 衝撃吸収機構付フロントシート
  19. デュアルモード・エアバッグ(運転席/助手席)/ニー・エアバッグ(運転席)
  20. ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護機能)
  21. ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)
  22. 世界最高水準のボディ構造

ボルボXC40のCITY SAFETYは先進のミリ波レーダーとデジタルカメラを利用し危険を検知しドライバーに警告、そして衝突の危険を検知するとオートブレーキを作動させることで、衝突を未然に防いだり衝撃を軽減させるメカニズムです。

当サイトで取り上げているコンパクトSUVの中では「一番優れた安全性能」といっても過言ではない仕様になっています。

ボルボXC40の最低地上高最小回転半径

最低地上高 210mm
最小回転半径 5.7m

ボルボXC40の最低地上高は210mmですから、コンパクトSUV車でいうと高い感じです。

またボルボXC40の最小回転半径は5.7mですから、コンパクトSUV車としてはやはり車幅の大きさが操作性に影響しているといえます。
【コンパクトSUV】最低地上高で比較ランキング 【コンパクトSUV】最小回転半径の小さい順で比較ランキング

ボルボXC40の評価・口コミ厳選ピックアップ

XC40の素晴らしいデザイン・アップルカープレイやボイスコントロールなどの先進のハイテク装備・足回り・エンジン・世界最高峰の安全装備・想像を超えた自動運転の完成度など全てにおける完成度の高さにオーナーとして驚きの連続でした。今まで車を買い換える度にワンステップ階段をのぼった進化を感じてきましたが、XC40の印象は全てにおいて2段階も3段階もジャンプアップした進化を感じさせるもので車としての魅力や楽しさに溢れた自分史上最高の満足度に溢れた車である事は間違いありません。そして、北欧の小規模メーカーが何故これほどの完成度を誇る車を開発できたのか?という素朴な疑問も感じずにはいられませんでした。

インテリア・乗り心地を重視するならXC40。インテリアを二の次にしてスポーティーに走りたいならE-PACEをオススメします。ですが、XC40として一番注目すべきはボルボとして2年連続のカーオブザイヤーを受賞するのも納得のエクステリアでしょう。無駄のないスマートなボディラインに加えて、リアの存在感。小さな車体でここまで立派かつ綺麗なデザインが出来るということに感銘を受けます。世界中からオーダーが入り、納車が半年以上先ということも納得できるのがこの車、XC40です。ただ、納得はできますけど1ユーザーとして納車が遅くなるのはどうにかしてほしい、と切実に思います。良い車ですから。

総合点が高い車です。尖ったところがほぼなく、万人受けする車かと思います。ただ、2点言うことがあるとすれば、1.全幅が1875mmであることは道路事情を考えると日本では普及しにくい大きさです。V60で考慮できたのであればXC40こそとは思います。2.納期が酷すぎる。2018年11月に聞いた時点で2019年8月と聞きましたので、在庫を抱えていないのか世界的に売れすぎ状態です。オススメの車ではありますが、納車までの繋ぎのリースサービスを含めたところで、そこまで待てないなとは感じてしまいます。JCOTYの評価は良さとしてわかるのですが、売れる車や普及して欲しい車という点はあまりないのかもしれませんね。

【引用:価格.com】http://review.kakaku.com/review/K0001028905/

ボルボXC40の評価で多いのは

  • さすがの日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車!

という肯定的な評価が圧倒的であること。

ただし車幅1875mmはコンパクトSUVとしては大きすぎという意見や、燃費性能はそれほどでもないという意見もあります。

あとは「納期かかりすぎ!」というのは口コミ共通意見ですww。

ボルボXC40のオススメグレード

ボルボXC40のオススメグレードは、コンパクトシティSUVを感じさせる4WDを選択するとなると「T4 AWD」か「T5 AWD」に。

ですがT4系とT5系の同グレード差額は50万円あり、いずれも対装備/スペックの買い得感は同級の輸入SUVではトップレベルなので、オススメとなると『XC40 T4 AWD Momentum 459.0万円』をベースにオプション追加でしょう。

ボルボXC40のオススメグレード
  1. XC40 T4 AWD Momentum 459.0万円
この記事のまとめ
  1. コンパクトSUVボルボXC40は「2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
  2. コンパクトSUVボルボXC40は、輸入外車らしからぬ安全性能とコンパクト性が日本車よりも高評価
  3. コンパクトSUVボルボXC40の安全性能は、コンパクトSUVの中でもトップクラスである

>【戻る】コンパクトSUV比較ランキングガイドまとめページへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です