スバルXV・ハイブリッドの評価、燃費、最低地上高、最小回転半径まとめ

残念ながら大きな「リコール」問題を抱えているスバルSUBARU。

そしてスバルのコンパクトSUV「スバルXV」も下記の車種がリコール対象となっています。

そこでここではスバルのコンパクトSUV、スバルXVのリコール問題や、スバルXV・ハイブリッドの評価、燃費、最低地上高、最小回転半径などとともに「スバルXV」の魅力についてまとめています。

この記事はこんな方におすすめ!

  • コンパクトSUVスバルXV・ハイブリッドの性能まとめを知りたい方
  • コンパクトSUVスバルXV・ハイブリッドの地上高と回転半径を知りたい方
  • コンパクトSUVスバルXV・ハイブリッドの魅力と評価・口コミを知りたい方

コンパクトSUVスバルXVのリコール問題について

スバルXVに関しては、以下のリコールが国土交通省に届け出されています。

  • 【リコール原因】車両製作工場の完成検査において、完成検査工程における合否判定が不明確な可能性があるため、道路運送車両の保安基準に関する検査が適切に行われていなかった。

いわゆる完成検査に不備があった(ちゃんと検査できていない)可能性があるということで

  • 全車両、指定整備工場において点検および自動車検査員による確認を行う。道路運送車両の保安基準に関する不具合が認められた場合は是正する。
「ユーザーに納車した車の完成後検査を、もう一度シッカリさせていただきます」ということです。

そしてスバルXVのリコール対象車は

スバルXVのリコール対象車
  1. 平成 29 年 12 月 14 日~平成 29 年 12 月 29 日 までのDBA-GT3(260台)
  2. 平成 29 年 12 月 14 日~平成 29 年 12 月 29 日 までのDBA-GT7(852台)
スバルXVのDBA-GT3は1.6Lガソリン車、スバルXVのDBA-GT7は2.0Lガソリン車ですからリコール対象はガソリン車のみ、ハイブリッド車は5AA-GTEですからリコール対象にはなっていません。

ですがスバルからリコール発表がなされたのは2018年10月ですから、今後のスバルXVの販売はしばらく茨の道が続きそうです。

コンパクトSUVスバルXV・ハイブリッドとは?


スバルのコンパクトSUVスバルXVは初登場が2012年10月発売で、スバルのスポーツタイプで人気の「インプレッサ」をベースにSUVテイストに仕上げたモデルです。

都市型クロスオーバーSUVとも言えるモデルで、大型化したフォレスターの後を受け継ぐスバルのコンパクトSUVモデルと言われています。

またスバルXVはスバルの人気車種インプレッサをベースにはしていますが、

  • XV専用バンパー
  • 17インチタイヤ
  • 最低地上高200mmアップ

といった点がインプレッサとは異なる仕様になっています。

そしてスバル最大の特徴でもある安全装置「アイサイト」。

スバルのアイサイト技術は「国産ブランドの中で見ても最も完成度が高く群を抜く仕上がり」と評されていますから、スバル車購入の一番の動機ともなりえます。

スバルXVの評価・口コミ厳選ピックアップ

【良かった点】小さい子どもがいるので、荷物がたくさん詰めるのはありがたいです。ベビーカーを積んでも他の荷物を積む余裕があります。
【気になった点】椅子やハンドルのオレンジステッチと合わせて、サイドブレーキのレバーのボタン?を押す部分にオレンジのシールが貼ってあるのですが、シールのため最近それがズレてきました。 シールなどのいずれはがれるもので、デザインされている箇所がある点は気になりました。
【総評】
小さい子どもがいてSUVを購入するのは不便じゃないだろうかと不安がありましたが、ボディが気に入ったのと、車内の空間が広いのに車自体の幅は思ったよりも小さく運転しやすかったので購入を決めました。荷室が広く、荷物がのせやすい点が何よりも気に入っています。そして車高も高すぎず、チャイルドシートに子どもを乗せたり降ろしたりするのもやりやすいです。運転も快適にできます。普段は街乗りなので、わが家の場合、燃費は良くありませんが、休日などのに長距離を走った際は12〜13km/Lほどになります。4区なので冬も安心して運転できています。乗り心地もよく、座席の高さや前後、リクライニングが電動(自動)なので、丁度いい位置にセットできるのも気に入っているところの1つです。アイサイトが搭載されているので、いざというときも安心できる点がスバルの車に決めた決定打です。

【良かった点】今まで車を選ぶ時、正直スバルの車は検討にいれていなく購入する事はなかったのですが、あまり物を褒めない友人がスバルは良い仕事する!と絶賛しておりテレビでも何の番組かは忘れてしまいましたが(確かメインがおぎやはぎの番組)久米宏さんが長年スバルの愛用者だと聞き初めて購入したのがこちらの車に なります!確かに乗り心地が最高にいいです!渋滞で長時間立往生の時に疲れなかった事もあり確かにスバル良い仕事するわな〜!と友人が言っていた事を納得しました。 そして地味に気に入っているのは車についているエンブレムです。 国産車の中では一番カッコいと思うのですが。センスがあると思います。
【気になった点】車体自体の値段設定が高めなのとガソリンが、ハイオクなので維持費が高めでエコカーでもないので燃費もさほど良くはなかったです。 ですが外車よりは維持費は安いですし車体もしっかりしているので外車に乗るならスバルってゆう人もいるみたいでスバルに乗っている方はずっとスバルユーザーの方が多い気がします!
【総評】
総評は、スバルはこの車しか知らないですが 乗り心地が抜群にいいです!加速も良いですしスバルという安心感もあり外車を買うならこちらのスバル車をオススメしたいですね!

【良かった点】4WDなので砂利道や雪道でもとても安定しており、子供2人と妻の合計4人家族でどこに行っても安心安全でした。アイサイトもついており万が一、ブレーキが間に合わなくても、自動でかけてくれるので、こちらも安心でした。
【気になった点】室内の広さですが、当たり前ですが、ワンボックスのような広さはありません。 後部座席への乗り降りも、運転席や助手席よりはしにくいです。これは、XVの後部座席のドアや開口の形状がそうさせていると思います。燃費もカタログ値では15.8をうてっていますが、実際は8前後と、経済的ではありません。高速でも11前後でした。
【総評】
総合的には、とても満足な車です。とにかく安全安心ですし、なによりも国産のSUVのなかではダントツにかっこ良いと思います。よくマツダのCX-5と比較されますが、個人的な意見ですが、僕はXVがダントツでクールだと思います。エンジン始動時のメーターの動きなどもBMWを意識したような動きで、高級感があり満足です。

【引用:カーセンサー】https://www.carsensor.net/catalog/subaru/impreza_xv/review/

スバルXVの評価・口コミで多いのは「思った以上に室内空間が広く使いやすい」「アイサイトのブレーキ性能が抜群」という評価です。

一方でスバルXVはハイブリッドの人気は低く、「燃費重視ではないマイルドハイブリッド」とも言われています。

スバルXVの評価・口コミをまとめると「乗り心地と安全性能は優れたコンパクトSUVだけど、燃費は大したことない」という感じでしょう。

コンパクトSUVスバルXV・ハイブリッドの主要諸元情報ピックアップ

全 長 4465mm
全 幅 1800mm
全 高 1550mm
車両重量 1410kg~1550kg
乗車定員 5人
総排気量 1599cc/1995cc
JC08モード燃費 16.2~19.2km/L
駆 動 AWD
燃料 レギュラーガソリン
価 格 帯 2,138,400円~2,829,600円
ナンバー 3ナンバー
タイヤ 225/60R17、225/55R18
エコカー減税 HV対象

スバルXVの運転時フットワークは全体的に軽快といわれているのもインプレッサベースだからでしょう。

サスペンションの動きがしっかりしているので、乗り心地も上々です。

またスバルXVはラゲッジスペースも広いので、使い勝手が良いSUVとなっています。

ただし燃費性能については、ハイブリッド車でも19.2km/Lとさほどよろしくはありません。

スバルXVの安全性能


スバルXVの安全性能
  1. 追突事故発生率が84%減少したSUBARU独自の運転支援システム「アイサイト」
  2. 突然の回避操作にもクルマが素早く反応する危険回避性能スバルグローバルプラットフォーム
  3. 横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えるVDCビークルダイナミクスコントロールを全車に標準装備
  4. 危険回避とコーナリング性能に寄与するアクティブ・トルク・ベクタリング
  5. バックの時の衝突を避ける後退時自動ブレーキシステム
  6. 誤操作による急な飛び出しを防ぐAT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御
  7. 前のクルマについていく全車速追従機能付クルーズコントロール
  8. うっかり”を注意してくれる警報&お知らせ機能

スバルXVの安全性能は、国産車最高峰と評される追突事故発生率が84%減少したSUBARU独自の運転支援システム「アイサイト」の魅力に尽きるといっても過言ではありません。

スバルXVの最低地上高最小回転半径

最低地上高 200mm
最小回転半径 5.4m

スバルXVの最低地上高は200mmですから、コンパクトSUV車としては比較的高い方です。

スバルXVの最小回転半径は5.4mですから、一般的という感じです。

スバルXVのオススメグレード


スバルXVのオススメグレードは、装備や仕様を考えるとイチ押しのグレードはガソリン車の

スバルXVのオススメグレード
  1. 2.0i-L EyeSight  2,505,600円(税込)
この記事のまとめ
  1. コンパクトSUVスバルXVのデザインと室内空間の広さは高評価で、街乗りしやすいコンパクトSUVと評価が高い
  2. コンパクトSUVスバルXVは、ハイブリッド・ガソリン共に燃費性能はそうでもない
  3. コンパクトSUVスバルXV最大の魅力は「アイサイト」に尽きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です