スズキ エスクード(ビターラ) 新型の評価、燃費、最低地上高、最小回転半径まとめ

コンパクトSUV比較ガイド、ここではスズキSUZUKIのコンパクトSUVエスクード(海外名ビターラ)の新型についてまとめています。

この記事はこんな方におすすめ!

  • スズキSUZUKIのコンパクトSUVエスクード(ビターラ)新型の評価を知りたい方
  • スズキ エスクード(ビターラ) 新型の燃費ほかスペックを確認したい方
  • スズキ エスクード(ビターラ) 新型の乗り降り最低地上高を知りたい方

スズキ エスクード(ビターラ) 新型の評価・口コミまとめ

スズキのエスクードは乗るたびにいい車と実感。
世界的なダウンサイジングターボの勢いで1000ターボから1400ターボまでターボの嵐は海外生産してるスズキの特権。
【良い点】エクステリアデザインと走り、これぞエスクード。テールライトもかっこよくなっていい車に仕上ってます。
【悪い点】国内ではチャラチャラなSUVが好まれて本格型のSUVがイマイチになってる現状は寂しい限り、残念。

エスクードの1400ターボの走りはさすがスズキという感想。車重軽い4駆、軽快。エクステリアデザインもいい形状でバランスいい。
ダウンサイジングターボが流行るなかスズキの1400ターボはドンピシャエンジン。価格設定もコストパフォーマンスは最高なスズキ、必要な付加価値のみでいい手本。
【良い点】走りとデザイン。実燃費もそこそこいい。
【悪い点】内装がシンプルな意見があり、外国生まれで日本人受けはイマイチ。

エスクードの1600を最近よく見かける。
ターボが評価は高いが1600NAが隠れた魅力。新型ジムニー人気を横目にいい現象?価格的にも狙い目。
オフロードメインならラダーフレームのジムニーシエラだが、オンロードならエスクードかな。
【良い点】買いやすく乗りやすい。モノコックの軽さや走り。オンロードなら快適。
【悪い点】1400ターボに人気集中していて影がうすい。ラダーフレームエスクードのファンは多いが。シエラに力入れすぎでジムニー人気が集中、エスクードの意味が。いい車で無難なエスクードの日本人受けはイマイチ。選択肢が多く激戦区なサイズ。

新型エスクード1400ターボいいですね。赤黒や黒色は黒のホイールとマッチしていてグー。外国車らしくコンチネンタルタイヤも味があります。
まあお買得?リアスポイラーが小さい理由もスズキスタッフからSUVに大きいスポイラーは必要なしと、ごもっとも。エスクードは最低減に必要充分でコスト下げていてありがたいが。スズキの車は見れば見るほど味がありよく考えられているが。
【良い点】軽量ターボはスズキの代名詞。本格的な4駆で軽量かつ実燃費もよくオフロードも安心して走れるSUV。
【悪い点】最近のSUV大ブームで溢れてるSUVらしい車だが、本格的なSUVはごくわずか。スズキ車に乗れば新しい発見があるが?

新型エスクードターボ運転しましたが、これぞSUVという感じでいい車です。外見、内装、ジープしていて走りもターボでストレスなく走る。
タイヤもSUVタイヤで万能、やはり歴史あるSUVエスクード健在。最近の車高だけ高い車でタイヤもミニバン用履いてる車とは大違いでエスクードは最高。やたらスポイラーがついて雪かきに使えそうな外見SUVとはまるで別格。
【良い点】ターボは走りや全てに完璧。実燃費や安全策なども素晴らしく価格設定もリーズナブルでスズキらしい。
【悪い点】グローバルな車だが日本人はまだまだおもちゃっぽい車が大好きみたい?

以上のことからスズキ エスクード(ビターラ) 新型は、

  • コンパクトSUVとしての車性能評価は高い
  • コストパフォーマンスがかなりイイ
  • 車の性能評価は高いが、いかんせん国内では人気薄

ということで、

スズキ エスクード(ビターラ) 新型は、価格もリーズナブルでコンパクトSUV性能評価も高いけど、人気がないので乗られていない

という残念な感じに聞こえます。

スズキ エスクード(ビターラ) 新型の燃費と各スペック

スズキ エスクード(ビターラ) 新型
スズキ エスクード(ビターラ) 新型は「1.4ターボ」と「1.6」の2グレードがあります。

なお欧州向け先行発表では、「スズキビターラの改良新型は1.0Lエンジン搭載」となっていますが、国内向け発売はまだ先ですのでスペックはわかりません。

全 長(1.4/1.6) 4175mm
全 幅(1.4/1.6) 1775mm
全 高(1.4/1.6) 1610mm
総排気量(1.4/1.6) 1371cc/1586cc
JC08モード燃費(1.4/1.6) 16.8km/L/17.4km/L
駆 動(1.4/1.6) フルタイム4WD
燃料(1.4/1.6) レギュラーガソリン
価 格 帯(1.4/1.6) 2,343,600円~2,586,600円
ナンバー(1.4/1.6) 3ナンバー
タイヤ(1.4/1.6) 215/55R17 94V
エコカー減税(1.4/1.6) 非対象

スズキ エスクード(ビターラ) 新型は「1.4ターボ」のほうが「1.6」よりも価格が高くなっています。

スズキ エスクード(ビターラ) 新型の乗り降り最低地上高と運転性

最低地上高 185mm
最小回転半径 5.2m

スズキ エスクード(ビターラ) 新型の乗り降りしやすさの尺度となる「最低地上高」は185mmです。

またスズキ エスクード(ビターラ) 新型の小回りが効くかどうかの尺度となる「最小回転半径」は5.2mです。

スズキ エスクード(ビターラ) 新型の総評まとめ

この記事のまとめ
  1. スズキ エスクード(ビターラ) 新型の性能評価は極めて高い
  2. スズキ エスクード(ビターラ) 新型のスペックから見るとおトクであるといえる
  3. スズキ エスクード(ビターラ) 新型は人気がないので、数年後の中古車下取りは期待できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です