コンパクトSUVを徹底比較してみた!

Sport スポーツ

Utility ユーティリティ

Vehicl ビークル

スポーツ用多目的車
通称SUV(エスユーブイ)

 

レクサスNX

 

クロスカントリーやアウトドアなどを走破する能力を持ちながら、一般道でも優雅に走行することができる。

 

そんなワイドさとエレガントさの両面性を兼ね備えているSUVは、悪路を全く厭わない車高の高さ4WD性能、それでいてセダンのようなリラックス感がありますよね。

 

今までのSUV車は、欧米北米などを中心に比較的大型のボディが主流でした。

 

でも今、世界中で爆発的なブームになっているのがボディサイズを小さくサイズダウンした

 

コンパクトSUV

これが世界中で売れに売れています。

 

セダンタイプと違って、座面が高く視界が良いので女性にも運転しやすく、それでいてコンパクトなのでバック駐車時などのハンドリング性も良い。

 

コンパクトといっても性能は新型技術そのもので、安全面の技術も新車になればなるほど向上しています。

 

そして今、世界中の主要自動車メーカーがこぞってハイスペックの新モデルをどんどんコンパクトSUVに投入してきていますから、スペックはどんどん上がっています。

 

この流れにより、コンパクトSUVは低燃費でより安全なクルマへと進化しています。

 

そんなコンパクトSUV、各メーカーのラインアップがどうなっているのかをまとめてみました。

 

 

コンパクトSUV比較ランキング

ユーカーパック

 

 

車を見に行く前にシておきたいこと!

コンパクトSUVをショールームに見に行く前にしておきたいコト

コンパクトSUVをショールームに見に行く前に、必ずしておいて欲しいことがあります。それは

 

今の愛車の買取り査定額を事前にチェックしておくこと!

 

お気に入りのコンパクトSUVをショールームまで見に行くと、ど〜しても『とりあえずお見積りでも...』ってお話になります。そうなると必ず

 

今の愛車は下取りという形でお見積りしてもよろしいですか?


ってたいがい言われます。

 

そしてその流れだとちょっとヤバイんですよね。

 

実は新車購入時にディーラーさんに愛車を下取りしてしまう人って全体の約8割にも登るそうです。でもですね、

 

ディーラーの下取り価格って、ハッキリ言ってメッチャ安い!

 

というのもディーラーの下取り価格って、中古車として再販する予定額から、ディーラーの利益やもろもろの経費などを差し引いた金額になっているから。

 

つまいそのままディーラーで下取りしてしまうと、ヘタしたら20万円以上損をすることにもなりかねません。なので愛車は

 

できるだけたくさんの中古車買取り専門店に査定をしてもらって、競合してもらって、少しでも高く査定してくれたお店に売るのが絶対におトク!!

 

とはいえ、

 

やじるし愛車の査定を希望日時にしてくれるかどうか、電話で予約確認が必要

 

やじるし貴重な時間をたくさん使って有名無名の中古車買取り専門店を回りまくる

 

やじるしお店でその都度愛車の説明をしなければならない

 

となると1日どころでは終わらない可能性も。

 

なので最近は自宅でスマホやパソコンから無料で申し込みができる中古車一括査定サービスを利用する人が増えています。

 

これだとカンタンに愛車の買取り査定相場がわかりますし、業者さん同士が自然に競合してくれるので査定価格がアップするから。

 

ディーラーで下取りするよりも10万円以上高い査定額がもらえる査定サイトには次のようなものがあります。

 

愛車無料査定サイトまとめ

ユーカーパック

ユーカーパック

  • 30秒で査定依頼ができる
  • 査定の連絡が来るのはユーカーパックからのみで、複数業者からの一斉電話がない
  • 全国最大2000社の最高値業者のみが1発でわかる


ユーカーパック 詳細はこちら

カービュー

カービュー

  • 45秒で愛車の買取査定依頼ができる入力が簡単なサイト
  • ガリバー、カーセブン、ビッグモーターなど一流の車買取り専門業者が全国から200社以上参加
  • おおよその年式、走行距離でも査定依頼ができる


カービュー 詳細はこちら

【楽天】中古車無料一括査定

楽天中古車無料一括査定

  • 楽天が運営する愛車の買取査定ができるサイト
  • 楽天市場と連動しているので、安心して利用できます
  • 愛車の無料査定を依頼するだけで楽天市場で使える楽天ポイントがもらえるのでおトク


【楽天】中古車無料一括査定はこちら

コンパクトSUV、買う前は愛車の無料一括買取り査定サイトへGO!

国産コンパクトSUVの特徴は?

日本製の国産コンパクトSUVは、

 

日常生活での使いやすさを重視しつつ、SUVらしさを強調したモデル

 

となっています。従来のステーションワゴンとは一線を画していますし、ボックスカーとも全くコンセプトが違います。見た目的にはやはり、

 

  • 全高がある程度高い
  • ハッチバックモデルである

 

ことが特徴で、あとはボディの大きさでコンパクトSUVと区分します。

 

日本の道路事情はかなり良いので、基本的に悪路はオフロードや山道以外ほとんどありません。強いてあげれば北国の雪道くらいでしょう。

 

ですがコンセプトSUVとして4WDは人気があり、オンロード時の運転性能とスピード、そしてフォルムが選ぶポイントになっています。

 

今のところ日本の自動車メーカーでコンパクトSUVを発売しているのは

 

やじるしトヨタ
やじるし日産
やじるしホンダ
やじるしマツダ
やじるしスバル
やじるしレクサス

といったところ。まあ、トヨタとレクサスは同じといえば同じかもしれませんが、ブランドとしては別モノ。

 

しかし各メーカーともに、コンパクトSUVがたくさんあるわけではありません。

 

スモールサイズ

ステーションワゴン

コンパクトSUV

大型SUV

 

という感じの分類になっていて、コンパクトSUVと呼べる車種は限られているんです。

 

■国産コンパクトSUVのメーカー毎の記事まとめは⇒コチラ

 

外車コンパクトSUVの特徴は?

一昔前の外車SUVといえば、大型でプレミアムモデルばかりでした。

 

アメリカ社が中心で、JEEPチェロキーやフォードエクスプローラーなど、悪路をモノともしない、ワイルドで、とにかく大きいクルマというイメージです。

 

そして、欧州車はスピードが出て重心の高いクルマは敬遠されていたので、ほとんどがアメ車という感じでした。

 

ですが、1990年代に入ってからSUV人気が爆発。アメ車だけでなく欧州車もSUVをリリースするようになり、2000年頃から

 

乗用車のプラットホームを利用したシティ型SUV

 

と呼ばれるコンパクトSUVの前身となるクルマがたくさん販売されはじめました。今では世界的なプレミアムブランドと呼ばれる

 

やじるしメルセデス・ベンツ
やじるしBMW
やじるしアウディ
やじるしポルシェ

をはじめ、ボルボ、ランドローバー、ジープ、フォード、リンカーンからも発売されています。

 

■外車コンパクトSUVのメーカー毎の記事まとめは⇒コチラ

 

コンパクトSUVの魅力

コンパクトSUVの魅力、それはやっぱり

 

見た目のカッコよさ

 

ベンツGLA AMG

 

にあると思います。やっぱり車高の高いクルマ...セダンよりもなんかイイ感じに見えます。

 

韓流ドラマやハリウッド映画などでも、戦闘的なシーンにはSUVが似合います。

 

悪路やオフロードは滅多に走らないんだけど、イザというときはワイルドな走りが普通にできる。

 

それがコンパクトSUVです。

 

それでいて車体が大きすぎず、ハンドリング操作がしやすいため

 

日本の道路事情や街乗りに適している

 

クルマと言えるんじゃないでしょうか。人数も4人程度であればメッチャ余裕で乗れて、広いラゲッジスペースもあります。

 

そして乗っていてカッコ良く、見ていても飽きない。

 

更に最近のスペックでは、燃費性能も大幅に向上していますし、ラグジュアリー感も向上してきています。

 

コンパクトSUVこそ、日本にもっとも適したクルマになるのでは...そう感じているんです。

 

サイズは小さいけど、外観はSUV

 

こんなコンパクトSUVがメッチャ格好いいワケなんですよね。